カテゴリ:皮膚癌

皮膚癌のカテゴリ記事一覧。子宮内膜増殖症、皮膚癌、甲状腺腫瘍、胸部乳腺線維線種などなど、リアル体験談です
no-image

皮膚癌
皮膚癌の手術から約2か月後の検診に行ってきました基本的に皮膚癌は摂れば、まあほぼ再発もなく、手術をしたので傷跡の経過の観察?でしょうか?wでもまあ、そこは妙な「アタリ」づいている私ですから^^;w実は1月になってからくらいからでしょうか?傷跡の下の方で、一部、なんだかチクチクするというかかさぶたなのか糸が出てきたのか、なんか痛いような感じがしていました時々、ひっかかるのか微量に出血もしていましたそ...

記事を読む

皮膚癌
皮膚癌の手術で1週間の入院をしました^^;陰部にできた皮膚癌なので日帰りでできるものではないので入院でした当初の手術予定日の2日前に生理が来てしまい部位が部位なので2週間延期しての手術です手術も外来が終わってから順番にあり、私は3番目の手術で1時に病院に行き、40分待って病室に移動4時40分ごろに手術室へ・・・すごい待たされましたねえ・・・手術まで何時間もあったので外出していいか?と看護師さんに聞...

記事を読む

no-image

皮膚癌
皮膚癌の手術の予定日の2日前に生理が来てしまいました事前にそういう時はどうするのか説明がなくて念のため病院に電話で確認・・・受付の人から先生に聞いてもらったところ「それなら延期だね」と・・・ちょっとーーー!手術自体、紹介状で行ったのに1か月先に予定されて生理が来たらどうするの説明もなく延期ですかーーー!?ぶっちゃけ、腹が立ちました皮膚癌だから大したことはないのでしょうが・・・転移する可能性も少ない...

記事を読む

no-image

皮膚癌
今までにも手術の経験があり、実はこれで2回目と言っても、小さな手術しか経験ないですし、今回も簡単な手術でしょうけどwだいぶ前に、顔に良性の腫瘍ができて口のすぐ横あたりですが手術したことがありますその時は局所麻酔ですぐにすみ日帰りでした顔なのと一応女なので細かく塗っていただいて傷もうっすらとしかわかりませんw今回は陰部・・・いやだなあ・・・^^;よりによって一番人間の敏感な部分じゃないですかーーー!(...

記事を読む

皮膚癌
手にできたウィルス性のいぼを病院で見てもらうときに以前から気になっていた陰部の妙な黒ずみのような血豆のようなものも見てもらいました前側の内側、ぺらっとめくって自分でなんとなく確認できる部位です・・・(///;)気づいたのは半年だか1年くらいだか前でしょうか?不正出血や生理が長引いて、何度も拭いたりして皮膚が弱くなってめくれたのかヒリヒリしたり痛痒い感じがよくありました特に多かったのは生理前になると痛痒...

記事を読む

術後の話 抜糸後の糸

皮膚癌の手術から約2か月後の検診に行ってきました

基本的に皮膚癌は摂れば、まあほぼ再発もなく、手術をしたので傷跡の経過の観察?
でしょうか?w

でもまあ、そこは妙な「アタリ」づいている私ですから^^;w

実は1月になってからくらいからでしょうか?
傷跡の下の方で、一部、なんだかチクチクするというか
かさぶたなのか糸が出てきたのか、なんか痛いような感じがしていました
時々、ひっかかるのか微量に出血もしていました

そのあたり、検診で先生に説明すると
患部を確認して、

「あー、これかな?」

と言って、プチッとなんか引き抜いたか切ったような感じが・・・

「いっったたた!」(T▽T)
看護師さんが「あー、痛いね、我慢してね~」
と言ってくれました^^;

場所が場所だけに、敏感すぎるところなのでどうしても痛い^^;

「よくわかったねえ、ほら、コレ」

と先生が見せてくれたのは5mmもないくらいの白い糸のようなもの

術前にも聞いていましたが・・・

手術は病巣を切り出して、縫い付けるので糸で閉じますよね
裁縫をしたことがある人なら、すぐわかると思いますが
布でも糸で縫うと表と裏に糸が通ります

表側で糸を切っても裏に残るものです
きれいに抜ければいいのですが、結んであるのか、細かくて残るのかわかりませんが
裏に残るもののようです

ただこういう手術用の糸というのは、いまどきでは
半年から1年で溶けるそうです

さらに、ほとんどの人は糸が出てこない、とのこと

「糸が出てくるのは100人に一人くらいだねー」

。。。アタリですね(T▽T;)w

100人にひとりになりましたw

まあ、その半年から1年の間に、また糸が出てくれば抜いてもらうしかありません
実は上の方にも1か所なんだか腫れてるようなとこもすでにあり
そのことを話すと

「あーしこりみたいになってるから、糸が出てくるか、中で溶けるかどっちかだね」
とのこと

今度は3か月後の検診なので、その時どうでしょうねえ

ちなみに気になる再発はどうか、ですが
私の罹った癌では、ほとんど再発はないそうです
それこそ
「何万人にひとり」
だそうです

ただ、私の場合、場所が場所だけに
できるとしたら同じ場所に、そしてとても気づきにくい場所なので
そこは厄介だそうで・・・

・・・こちらはアタリにならないように、気を付けてチェックしましょう
なったらどうにもなりませんが・・・防ぎようがないので^^;w

・・・やっぱり宝くじ買ってこなくちゃねw









 カテゴリ
 タグ
None

皮膚癌 手術

皮膚癌の手術で1週間の入院をしました^^;
141107_143901.jpg

陰部にできた皮膚癌なので日帰りで
できるものではないので入院でした

当初の手術予定日の2日前に生理が来てしまい
部位が部位なので2週間延期しての手術です

手術も外来が終わってから順番にあり、私は3番目の手術で
1時に病院に行き、40分待って病室に移動
4時40分ごろに手術室へ・・・すごい待たされましたねえ・・・

手術まで何時間もあったので外出していいか?と看護師さんに聞いても
「もう入院しているのと同じだから院内から出てはダメ」
と・・・

手術には家族も同席(別室待機ですが)なので旦那さんも待機です
病院って・・・

手術の少し前から生理食塩水(生食)を点滴します
これで手術中の薬などを導入しやすくするため、今はそういうのがほとんどのようですね

エレベーターで移動し私は手術室へ、旦那さんは家族の待合室へ

手術台に乗ると心電図や酸素濃度の測定器を指につけたり、血圧計を装着されます

私は今回、局所麻酔なので意識もしっかりありますw

患部が陰部ということで麻酔が痛いのなんの!

何度か麻酔を打ちましたが、先生が
「痛いねー我慢してー」

と言ってても

「いいいいいーーーーーーーっつ・・・・・・・・・・!!!!」

と手術台を握りしめて、歯を食いしばっていたので
看護師さんたちが

「痛そう~・・・」
とw

ええ、歯の麻酔の10倍は痛かったと思います(T▽T)

手術が始まる前に、顔の前に鉄の棒みたいのがセットされ
何かな?
と思っていたら、つい立てでしたね
見えないようにタオルをかけただけのですがw

私は見える方が安心できるので見たいといいましたが
気持ち悪くなるよー
と見せてくれませんでした

まあ、頭の上のライトに映るぼんやりした影でみてましたけどねw

局所麻酔なので、何かされてる感じはありますが
麻酔はすぐに効くので痛みはありません

ただ、思ったよりも時間はかかりました

自分で、切除する前に見た感じでは2cmくらいの長さで1cmくらいの幅の
あざのような癌だったので、まあ、15分くらいで終わる?
とか思ってましたが、1時間40分くらいはかかったみたいです

患部の場所が伸びやすい皮膚だったので、ほかの場所からの移植は
なかったのですが、にゅーーーーっと皮を延ばして縫い付けたようです

退院してから、患部に化のう止めの薬を塗るのに
自分では見えないので旦那さんにやってもらうとき、見てもらいましたが
10cmくらいの傷だそうです

・・・そんなに大きく切ったの!?・・・・びっくりです・・・@@;

手術後、当日の夜以外は対して痛みもなく
トイレで拭いたりの押すような動作は痛みますが
普通にしていれば痛みもありませんでした

幸い、私がやたらと元気だったせいか管を通さずに
そろりとトイレもすればよかったので助かりました
当初は管を通すという話でもあったのですが
うまく患部をガーゼで分厚く保護して、汚れないようにすれば
大丈夫でした^^;

術後もさくさく歩けたのですが、当日は病室のあるフロアから
出てはダメと言われましたw

入院中は、午前、午後で1回ずつの点滴
化のう止めの抗生剤を打ちます
ずっと点滴の針と管を刺したままで、コネクターで導入するものです
141107_110701.jpg

それ以外は朝のうちに先生の回診で
患部の消毒や様子を確認してもらい
薬を飲んで、おとなしくしている、の連続・・・

なまじ内臓の病気などではないのでヒマでヒマで
時間があると少しづつ院内を散策していましたw

ずっと動かないでいると動けなくなります
動き回りすぎてはいけませんが
少しは動かないと足が萎える、というか動くのがダルくなってしまうので・・・

入院は当初、5日、と言われてましたが
先生に
「何日入院できる?」
と聞かれて
「1週間?」
と答えたので1週間になったもようw

もしかしたら抜糸するまで入院できたらしてたほうがよかったのかもしれません

退院しても週明けまで(4、5日後)は安静に
と注意され、飲み薬の抗生剤もその分もらいました

抜糸は退院1週間後です

病院では気づきませんでしたが、やはり切ったり縫ったりはダメージがあるのか
入院中は動いていたといっても、8割はベッドの上だったせいか
家に帰ってから動くと、違いますねえ

すぐに疲れる、動いているうちに患部も痛くなる、ダルイ・・・

病院での移動はエレベーターで平らな場所だけの歩きだったので
動けたのでしょう

階段の上り下りや、買い物などで少し動くだけでも疲れてしまいますねー

バイトも週明けに1日だけ出させてもらって、大丈夫なら
また、と出勤を増やしていこうと思っています








 カテゴリ
 タグ
None

手術延期

皮膚癌の手術の予定日の2日前に生理が来てしまいました

事前にそういう時はどうするのか説明がなくて
念のため病院に電話で確認・・・

受付の人から先生に聞いてもらったところ

「それなら延期だね」
と・・・

ちょっとーーー!
手術自体、紹介状で行ったのに1か月先に予定されて
生理が来たらどうするの説明もなく
延期ですかーーー!?

ぶっちゃけ、腹が立ちました

皮膚癌だから大したことはないのでしょうが・・・
転移する可能性も少ないとは聞いてましたけど・・・

早く処置すれば少しの傷ですむのが大きく切るようにならないのか?
とか
私はほかにもいろいろ腫瘍があるからリスク大きいのでは?
とか心配にもなりました

さすがに黙って怒っている私を見ていて
旦那さんが

「先生、なんて名前?俺病院に電話してやるよ」

と言い出しました

そういう文句は大好き?な人なので
怒鳴らないとか脅さないで冷静に大人の対応をするなら、と釘を刺して
電話してもらいました

ハラハラしながら隣で聞いてましたが
おとなしく質問していたので安心しました^^;w

聞いてもらった先生の話と後日、当初手術予定日だった日に
病院で先生に話を聞いてきた話をを要約すると・・・

患部が患部なので
出血があるなら傷が治りにくくなるので延期した方がよい

基底細胞癌で転移する確率はほんのわずかでほとんど大丈夫

進行もとても遅いので何年も放置しなければ深くは浸潤しない

放っておけば骨まで浸潤するから手術は必要

とのこと・・・

一応、入院の用意をしてくるようにと言われて
実際は話を聞いてきただけですが、まあ、安心はできました

結果、私は子宮腺筋症でもあり
出血が10日以上続くのが普通なので
手術は2週間後に延期
11月になりました

バイト先にすぐに連絡して、休みや人の手配を頼み
買い置きを最低限にしておいた食材を買いなおして
また準備です

生理が来たのは私自身で、予想もビミョーにつきにくい状態でしたが
最初から説明しておいてくれれば・・・
と思わずにいられませんでしたね

旦那さんも、医者なんだから患者が女性なんだし
それは想定しておいて当たり前だろうにと・・・

ちょっと先生に不信感というか頼りなさを感じてしまいました

でも皮膚癌の基底細胞癌ってその程度のものなのかもしれません

再発率も5パーセントくらい?で少ないとは聞きます
人によっては何度も再発するらしいですが・・・

紫外線を浴びてできる皮膚癌とは違う種類のものなんて
防ぎようがない・・・

軽く考えていいのか、どうしようもないのか
なんだかわかりませんねー・・・^^;

つくづく、生理に振り回されています
現在10日目ですが、まだ出血があるし
これでまた延期とか言われても、出血量は少ないので
やってもらおうと思います

早く終わらせたいです









 カテゴリ
 タグ
None

手術前の検査・必要な書類など


今までにも手術の経験があり、実はこれで2回目
と言っても、小さな手術しか経験ないですし、今回も簡単な手術でしょうけどw

だいぶ前に、顔に良性の腫瘍ができて口のすぐ横あたりですが
手術したことがあります

その時は局所麻酔ですぐにすみ日帰りでした
顔なのと一応女なので細かく塗っていただいて傷もうっすらとしかわかりませんw

今回は陰部・・・
いやだなあ・・・^^;

よりによって一番人間の敏感な部分じゃないですかーーー!(T▽T)
痛いだろうなあ・・・
まあ、でも皮を摂るだけ、のはず。。。少しは分厚くとるかもだけど・・・^^;

病院によってでしょうが
私が今回手術するのは、いわゆる公的の病院なので
所在地が同一市内などの住民はリーズナブルな医療が受けられます

当然、非常に患者さんも多い・・・
いつも満員御礼で予約してあっても1時間待ちが当たり前のところ
駐車場に入るのでさえ時間によりますが30分待ちが当たり前です

そんなところでもあるので、手術の当日ではなく
事前に検査できることはしておくようにとのことでした

事前の検査は
採血・採尿・レントゲン・心電図
です

こういう検査はこの病院では予約など取らずに自分で回って検査をしてもらいます

お話ししたような状態の病院なので
相当待ち時間があるだろうし、すぐに検査してもらえるわけはないだろうと
初診受付8時開始の30分くらい前に行き
近くの駐車場に車を止め、一番早く始まる採血の検査に行きました

ここで40分くらい待機・・・
検査はすぐにすみますけどねw

その後レントゲン・心電図

9時の外来受付の始まる前だったので患者さんもまだ少なくて
それぞれ10分くらい待ちで検査できました♪

レントゲンは胸部?
上半身を撮影のみ
全身ではありませんでした

心電図はあまりやったことがなかったのですが
いまどきはジェル塗ってシリコンパットつけて・・・じゃないんですねえw
イチジクカンチョウみたいな小さなシリコン?のような吸盤?で
ペコペコとつけて外すので早い早い♪
まあ、ドキドキしやすい人は時間がかかるかもしれませんが
私はすぐに終わりましたw

思いのほか早く検査ができたので12時の診察(手術説明)まで3時間くらいあり
一旦帰宅しました

再度、11時半くらいに病院に行き、それから1時間半待って
ようやく先生からの説明・・・^^;

こういう手術をします、麻酔は局所麻酔です・・・など
この先生はとても明るい先生で冗談も言ってくれて
とても手術前の患者と医者という感じではなくうれしいですねw

その後、看護師さんに代わり、入院の説明を聞きます
この看護師さんもとても明るくフランクな方で楽しく説明がきけましたw
ここの病院は私はいつも相性が悪かったのですが今回はラッキーです♪

旅行に行っても眠れない私は、できれば個室がいいですが
個室はお金がかかり、保険も効きません

ならば二人部屋とか四人部屋なら無料ですよ
と教えてもらい、できれば、とお願いしました
空いていれば、ですが・・・^^;

いくつかの書類を持って帰り、主人に見せて説明し
手術同意書に記入
手術や入院には保証人がいるのがほとんどです
今回も例外ではなく、同居以外の人にお願いしないとなりませんでした

まあ、苗字が同じ弟に事情を説明し、承諾を得て記入捺印しましたけどねw
これは看護師さんに確認してあります♪
厳しい病院だとうるさいかもしれませんが
病院によってはOKみたいです♪

現状手続しているのは上記の手術・入院の同意書などの記入、依頼

ほかには保険屋さんに聞いた
高額医療費の限度額申請

手術などは思いのほか高額の医療費がかかるもので
簡単な手術だけでも10万くらいかかることが多いものです
入院すると相部屋でも、食事やお薬などで費用がかかります

事前に限度額申請をしておくと、通常の社会保険や国民保健適用だけの支払ではなく
高額療養費の金額で支払いができるというシステムです

例えば、手術1回、1週間の入院で通常の支払請求で30万かかったとします
これを限度額申請をしておくと高額療養費の該当する金額のみで支払いができるのです
※高額療養費の金額はその人(家庭)の収入などにより変わります

高額療養費の申請は、申請してもすぐには適用されず、3か月後くらいにしか戻ってきません
最初は自腹でけっこう痛い思いをしている経験が、我が家では親の入院などで何度もあります

私は主人の扶養家族で社会保険なので
主人の会社の事務の方にお願いして

健康保険限度額適用認定証
というのを送っていただきました

手術が控えているなら、と早急に手続してくださったようで
1週間くらいで届きました

自営業の方など国民健康保険の方などは、市役所などで申請ができてすぐにもらえるようです

ほかには自分が加入している医療保険などの連絡
これは教えてくださった保険屋さんのところで加入した保険は
すぐに申請書みたいなものを送ってくれました

保険金・給付金等請求書

入院・手術証明書(診断書)
です

保険金・給付金等請求書は、自分で記入するもので
入院・手術証明書(診断書)はお医者さんにお願いするものです

どちらにせよ、手術・入院してからお医者さんにお願いするとか
退院してからお願いするものです
個人的に入院するときに持参し、お願いしようかと思っています

ほかには加入している
癌保険
これはまだ連絡していませんが手術前に同様の連絡を
保険会社に連絡し、書類を送ってもらう予定です
あと入っている保険などあったかな?w
確認して使えるものは使おうと思います^m^w

入院自体は一応現状では5日間くらいの予定なので
荷物も少なくて済みそうです
パジャマも自前のでもいいのですが前開きのものなどないので
病院で借りる予定です

私の場合、患部が患部なので術後の出血もあるので
生理用品も必要とのこと

女は面倒ねえ^^;w
あ、男性で同じような部位を手術するとなると
生理用品は気恥ずかしいかもですねw

あとは実際に手術の数日前くらいから
最低限の腐らない消耗品などの買い物、猫の餌や支払いの必要なものなどをしておいて
逆に食材などはできるだけ無しにしておこうと思っています

加入している保険の担当の方にいろいろ教えていただけて
とても助かっています
加入して支払っておしまいではなく、こういう時こそ頼りたいですもんね♪

保険のお話は別の記事でご紹介していますので
興味を持たれた方は、ご参考にしてくださいね


☆参考リンク☆
全国健康保険協会

高額な医療費を支払ったとき

医療費が高額になりそうなとき




 カテゴリ
 タグ
None

皮膚癌 なんと陰部に発見


手にできたウィルス性のいぼを病院で見てもらうときに
以前から気になっていた
陰部の妙な黒ずみのような血豆のようなものも見てもらいました

前側の内側、ぺらっとめくって自分でなんとなく確認できる部位です・・・(///;)

気づいたのは半年だか1年くらいだか前でしょうか?

不正出血や生理が長引いて、何度も拭いたりして
皮膚が弱くなってめくれたのか
ヒリヒリしたり痛痒い感じがよくありました

特に多かったのは生理前になると痛痒くなっていました

だから気になって覗いてみると
なんだか色が薄黒くなっている部分があり、その中に血豆のようなものも・・・

なんじゃこりゃ???

まあ、皮がめくれて内出血でもしたのかなー
と思って放っていました

皮膚科に行ったついでに恥ずかしいけど診てもらいました

最初は女性の看護師さんが見てくれて
すぐに先生(男性)に代わり、しばらく見て・・・

「これ、癌かもしれないから少し組織を摂りましょうか」

と言われました

ただ、この先生では判断が難しいらしく、見てわかる病院で
あらためて見てもらう手もある、皮を少し摂るので
自分で1週間くらい患部にばんそうこうを貼らないといけないけど
できますか?
とも言われました

別の病院に行くのも面倒なのでお願いしてやってもらいました

方法は、患部あたりに局所麻酔をして
少し5mm角くらい?皮を摂る
感じでした

そのあと消毒して塗り薬をもらいばんそうこうを貼って
あとは1週間くらい、できるだけトイレに行ったら交換です
まあ、そんなに頻繁にはできませんけどw

できるだけ交換して薬を塗りました
最初はなかなか血が止まらなかったのですが
2日くらいで止まりました

5日くらいでかさぶたになりましたかね?

で、1週間後に再度病院に行くと

皮膚癌なので、ここでは治療ができないので
紹介状を書きますから」

と言われました

いつ行きますか?
と聞かれ、来週は旦那の(ウィルス性のいぼの)通院で送迎があるのでそのあとで
というと

こっちが優先ですよ

と窘められました^^;

だって皮膚癌でしょ?
と軽く見ているところがありました

多くは紫外線が原因で皮膚癌はできるものですが
場所が場所だけに違う要因でしょう

でも摂れば治る程度では??

場合によっては命に係わることもあるのだから
ということで早めの受診を勧められました

一応この場での診断結果は
皮膚癌で基底細胞癌

日本人で一番多い、多くは高齢者の方が顔などにできるもの
みたいです^^;

その次の週、3連休明けの翌日に別の総合病院に紹介状と
採取した組織のプレパラートをもって行きました

140917_0742~01

とても混雑している病院で近くの駐車場に止めて
待合室以外でゆっくり待ちたかったので受付の1時間前に行き
結局5時間待って診断してもらいました(TT)

まあ、この場では同じことしか言われません
場所からしてもしかして・・・と気になっていた、外陰癌ではないですか?
と聞きましたが、そんなに悪いものではない
と言われて少し、ホッ・・・

おとなしい感じだけどいいものではない

という表現をされました
癌の表現は顔つきだとかなんだか不思議な表現をするようですw

おとなしい
というのは、すぐにあちこちに転移したりすぐに大きくなるものではない
ということらしいですねー

いいものではない
というのは、放っておいていいもんではない
ということかな?
少しわかりません^^;

病院の都合なのか
1か月後に手術、5日程度の入院と言われました
患部が患部なのでトイレにいけそうもないので
管を通したりするからでしょう

手術前に、次回、血液検査とレントゲン、心電図の検査をしておいて
詳しく相談とのことで、当日は終わりでした
処置らしい処置はなく、患部を観察しデジカメで写真を撮り
ジェルを塗ってから患部の画面を見せてもらうと
なんだか虫が這ったようなうねうねした感じの薄い黒っぽい部分に
2か所くらい血豆のような小さい黒い部分があります

私はこの血豆みたいなとこが癌だと思っていたのですが
色の薄い黒っぽいところ全体が癌だそうで
2cmくらい?の範囲のようです

私が気づいたのは半年だか1年くらいだか前くらいかと思いますが
先生曰く、だいぶ前からあっただろうと・・・
まあ、気づかないよねーともいわれましたが、そりゃそうだ^^;w

まあ、しかし・・・次から次へと・・・
我ながらネタに事欠きませんねえーーーw

おって、状況なりご参考にしていただけるよう
できるだけ詳しくお話ししますね♪

痛いとかなんとかはありませんからご安心くださいませ☆




 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 困ったぽんぽん All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます