カテゴリ:子宮内膜増殖症

子宮内膜増殖症のカテゴリ記事一覧。子宮内膜増殖症、皮膚癌、甲状腺腫瘍、胸部乳腺線維線種などなど、リアル体験談です
no-image

子宮内膜増殖症
前回の検診から3カ月経過 本来は3月30日に検診予定でしたが 諸々の事情で 4月に延長させてもらいました^^;w ********************************* 久しぶりに会うDr.は花粉症なのかマスクモードw しばらくぶりなので 生理の期間などの報告などから問診です 私 「えーと、  11月から不正出血がありません♪  生理は毎月同じころに6日~7日間で  2日目だけドン引きするくらい ...

記事を読む

子宮内膜増殖症
2回目のリュープリン注射を打つ前に どーもバイトなどで疲れた時?などに 下腹部にイヤ~な痛みがあり 念のため検査をお願いしてみました 私は細胞診かな?と思ってましたが 超音波検査だけでした^^;w ********************************* Dr. 「んー大丈夫だよー?   内膜もほとんど正常の厚み  みたいだしねー」 私 「?そうですか」 内膜がほとんど正常の厚み? じゃあ治ってる...

記事を読む

子宮内膜増殖症
子宮内膜搔爬術以降  ホルモン剤で継続的に治療することになりました この治療は「プラノバール 中用量ピル」でお話したように 21日間プラノバール(ホルモン剤)を だいたい毎日同じ時間に服用 薬が無くなったら  生理が来るのを待ち 生理が来たら 5日目からまた薬を再開(この間に病院に行き次の薬をもらう)この繰り返しです 薬で生理のサイクルを調整し、定期的に確実に子宮内膜をはがす という治療です 私のように生理が...

記事を読む

no-image

子宮内膜掻爬術
「子宮内膜掻爬術 ②レポート弐」の続き 続き******************************* 病室に戻るとダンナさんが待ってた 「待合室じゃなかったんだー?」 「人がいっぱいいたから、こっちに戻ってた」 手術室に連れて行ってくれた看護師さんがみえて 「出血は大丈夫?」 「んー、今ちょっと動けないのでわかりません」 ぐらぐらで動けない 「んー・・・・大丈夫そうねー」 ぺろんとロリエ 安心ショーツ...

記事を読む

子宮内膜掻爬術
「子宮内膜掻爬術 ②レポート壱」の続き 先に説明しておきますね  通常は全身麻酔をしますが私は少々喘息っけがあるので 静脈麻酔になりました 全身麻酔は自発呼吸が出来ない状態になるので 喘息の人にはあまり向かないようです 私の受けた静脈麻酔は、自発呼吸のできる一番全身麻酔に近い麻酔だったそうです だからか完全には意識がなくならなかったようです 続き******************************...

記事を読む

経過観察継続中


前回の検診から3カ月経過
本来は3月30日に検診予定でしたが
諸々の事情で
4月に延長させてもらいました^^;w

*********************************
久しぶりに会うDr.は花粉症なのかマスクモードw

しばらくぶりなので
生理の期間などの報告などから問診です

私 「えーと、
 11月から不正出血がありません♪
 生理は毎月同じころに6日~7日間で
 2日目だけドン引きするくらい
 出血しますが
 あとはスッと治まります
 あと、生理が終わって1週間か
 10日後くらいの
 排卵日頃?にビミョーに
 お腹や胸が痛くなって
 生理が来るまで続きます」


Dr. 「ふーん・・・
  体癌はねえ 

  閉経のころ
  ホルモンのバランスが崩れて
  ひとつのホルモンだけが増えたりして
  体癌になったりするんで
  本来は このくらいの年齢
  (45歳くらいから60歳ころ)が
  一番注意が必要なんですよねー

  あなたは前から症状があって
  不正出血が治まってきてるなら
  治りかけてるのかもしれないけど
  毎月生理があるなら
  まだ閉経しないしねえ」


・・・そうなんですよねー^^;
コレで生理の期間がまばらだったり
出血が極端に少なくなってるなら
閉経に向かってる、ケースもあるんですけど
・・・まだなんでしょうねえ・・・

じゃあ、向こうへ
ということで内診です

指を入れてお腹を押しての内診(触診)超音波検査です

・・・おや?
いつもより超音波検査が長いなあ??

Dr. 「はい、いいですよー」

お、今回も体癌検査なし♪
よかった~^^;w


診察室に戻ってお話を聞きます

Dr. 「まあ大丈夫そうですよー
  今まで気づかなかったけど

  2cmくらいの筋腫みたいのがある
けど
  まあ大丈夫でしょう」


おいおいおい!@@;
初耳ですけど、いいんですか?
気になることはきちんと聞かないと

私 「えーと、筋腫ってそれ 
 放っておいても
 いいもんなんですか?」


Dr. 「まあ大丈夫でしょう」

私 「今不正出血もなく
 生理も普通に来てるので
 普通の女性のサイクルですよね?
 治ってるってことはないんでしょうか?」


Dr. 「まあ今生理前で
  内膜が厚い時期だしねー」


治ってるわけではないんですね・・・(T▽T)

私 「ずっと治療も中断させていただいていて
 不正出血もなくてこの状態なんですが
 治療を再開しなくても 
 いいんでしょうか?」


Dr. 「うん、大丈夫でしょう
  今度は半年後にしましょうか」


私 「え?3ヶ月後ではなく?
 半年でいいんですか?」


Dr. 「うん、でも不正出血があったら
  いつでもすぐに来てね」

*********************************
というわけで

なんとなくわかってきたのですが
Dr.の判断や診察方針もあるかもしれませんが
現状 
異形を伴わない子宮内膜増殖症で
不正出血もないのであれば 
経過観察と定期健診(問診・触診・超音波検査)だけでよさそうです

子宮筋腫?らしいモノがあるとのことですが
コレも筋腫であるなら
大きさや状態などで経過観察でイイようです


子宮筋腫は 40代くらいの女性なら
2、3人に1人くらいの割合で小さいものなら
大抵あるものでもあるようですし
筋腫がすごく大きくなったり
貧血がひどかったり、痛みがヒドイなどの症状や
状態がなければ閉経すればそのまま小さくなっていくもの
だと聞きます



なんだか半年や1年にひとつくらいは
どこかに出来モノ的なものが出来てるようでイヤですけど(T▽T)w

すぐに手術などの処置が必要ではない
すぐには治るものでもない

そんなモノばかりですが

とりあえず今の私の状態なら
不正出血がなければこのまま経過観察でOKなようです

あちこち時々痛かったりして
体調がいつもスッキリとはしませんが
それも生活の中のストレスや疲労、加齢からくるもの
かもしれませんし
ホルモンのバランスがおかしくて診断されている病名?がついてるので
こういう症状が出るのかもしれません

相変わらずいつおかしな出血があるか
いつ悪化したと判断されるかわからない
など不安材料はなくなりませんケド・・・

不正出血がなければ次回の検診は半年後(10月)
胸の腫瘍も急激に大きくならなければ半年(6月)か1年後(12月)

出たとこ勝負で付き合っていくしかないようですね(T▽T)w

*********************************
治療 経過報告
12月29日~1月4日(生理 7日間)************** *
1月6日(婦人科 超音波検査)******************
1月26日~1月31日(生理 6日間)************** *
2月24日~3月1日(生理 7日間)*************** *
3月24日~3月30日(生理 7日間)****************
4月20日(婦人科 超音波検査)******************

11月の生理後から不正出血なし
2月くらいから 排卵日あたりから生理までの期間に下腹部痛と胸の痛み


追記☆
この記事は、2012年の記事です
2015年まで定期的に検診を受けていましたが、更年期の症状や
血液検査で更年期になったらしいと判断され、年に1回の体癌検査でよいと
指示されました




 カテゴリ
 タグ
None

子宮内膜増殖症とは④ 治るもの?




2回目のリュープリン注射を打つ前に
どーもバイトなどで疲れた時?などに
下腹部にイヤ~な痛みがあり
念のため検査をお願いしてみました

私は細胞診かな?と思ってましたが
超音波検査だけでした^^;w

*********************************

Dr. 「んー大丈夫だよー?
  内膜もほとんど正常の厚み
  みたいだしねー」


私 「?そうですか」

内膜がほとんど正常の厚み?
じゃあ治ってるのかな?
とか思って検査台から診察室に戻って
いろいろ疑問に思っていることを質問してみました

*********************************

私 「先生、スゴイ基本的なこと
 聞いていいですか?」


Dr. 「どうぞ?」

私 「子宮内膜増殖症って
 治らない病気(症状?)なんですか?」


Dr. 「んー、治らないわけじゃないけど
  長く時間がかかるねー」


私 「例えば私のような出血する状態
 でないなら経過観察だけですむとか?」


Dr. 「状態が問題と言うより
 そういう状態になる原因が問題
  
なんだよねー
  わからないけどねー」


私 「ホルモンの異常とかいいますもんねー」

Dr. 「子宮体癌は閉経前に出血
  などの症状が出るタイプと
  閉経後に出るタイプがあるから
  あなたのように閉経前に症状が
  ある人は治療が必要だね」


私 「早くあがんないかなー^^;
 子ども産んでないから45くらいで
 上がるんじゃないかと思ってたん
 ですがねー」


Dr. 「まだ早いねーw」

子宮内膜増殖症になる原因はハッキリとはわかっていません
ホルモンの異常が原因ではないかとは言われていますが
詳しくはわからないそうです

だからニュアンス的に
例えば内膜が通常の状態になっても一度こういう症状が出たら
そうなる原因があるのだから
治療なり検査なりが定期的に必要
な感じですね^^;

Dr. 「出血を止めるためもあるけど
  (ホルモン剤とかの)薬は治療の
  意味もあるんだよ」


私 「じゃあ出血しなくても薬を使う
 治療が必要なんですか?」


Dr. 「場合によるけど基本は
  細胞診とかの検査だね」


以前に異形成細胞が見つかった時もそうでしたが
定期的に検査だけはしていました
その時は出血がなかったので、薬などの治療もなかったのでしょう
当時のDr.も「出血があったらすぐに来てください」
再三言われていました

Dr. 「リュープリン注射は腫瘍とかの増大を
  抑える効果があるように内膜の増殖も
  抑える効果があるから
  治療に使うんだよ」


私 「じゃあ注射を続けて
 内膜が正常になって?
 出血もしなくなれば検査とかの
 経過観察に?」


Dr. 「かもだねー」


薬の副作用や費用が私にとっては大変負担になっているので
ついついこういう質問をしてしまします
不安もありますが現実問題、経済的な問題でもあるので
できれば経過観察や定期的な検査ですむなら、と思わずにいられません
でも
どうにもこうにも治療が長くなりそうな感じですね^^;
先生も明言をさけてみえるw
現状まだ出血が長くあるのでなんとも言えませんよねーw


今回診察で超音波検査をした時の画像写真?をもらってきました
ちゃんと写真?を見せてもらって説明してもらったのは初めてですねw
いつもはDr.が口頭で教えてくれるだけで今一つわからなったのが
写真?を見て少し納得したことがあります

写真?の上半分くらいのところに
先の太いシッポみたいのがあります
これの左側の膨らんだところが子宮だそうで
まあ上か下か右か左かさっぱりわかりませんし
こんなに長いわけないのでどこまでがそうかもわかりませんがw

水色の○で囲った部分
ここが内膜の厚い部分だそうです

CAC4AURH--.jpg

Dr.がボールペンで「ここね」とグルグル印を
つけたのでさらにわかりにくいのですがw

私は「内膜が厚くなる」というのは全体に厚くなるのだと思っていました
いろんな場合があると思いますが
この写真からはほんの一部だけ厚くなるのもそうなんだと
初めて知りました

通常、子宮は鶏のタマゴくらいの大きさと言います
写真はタマゴと比較すると1/4くらいのサイズ?
ならこの白い楕円の部分は2cmくらいの範囲でしょうか?

子宮内膜増殖症から子宮体癌になる場合
全体的に分厚ければ、どうやって腫瘍っぽくなるのか
イメージできませんでしたが
こういうふうに一部が分厚いのならそこで悪化した場合
腫瘍になるというのがようやくイメージできましたw

見せてもらって説明してもらってよかったです☆

これがホルモン剤や注射の治療を続けてきて
小さくなったのか変化なしなのかわかりません
今後も超音波検査などで見せてもらえたら
もらってきたいなーと思いますw

だってこれが小さくなってきたりしたら励みになりますもんね^^w




 カテゴリ
 タグ
None

ホルモン剤治療(出血のコントロール)


子宮内膜搔爬術
以降 
ホルモン剤で継続的に治療することになりました

この治療は「プラノバール 中用量ピル」でお話したように

21日間プラノバール(ホルモン剤)を 
だいたい毎日同じ時間に服用
薬が無くなったら  
生理が来るのを待ち
生理が来たら 
5日目からまた薬を再開(この間に病院に行き次の薬をもらう)

この繰り返しです


薬で生理のサイクルを調整し、定期的に確実に子宮内膜をはがす
という治療です

私のように生理が長かったり、不正出血が多い場合は、生理をコントロールして
不正出血を抑えるのが目的です

避妊に低用量ピルを服用する場合も薬のサイクルは同じだと思いますが
用途が違いますね
また更年期でホルモン補充療法をする場合にも薬を使いますが、これも用途が違います

「プラノバール 中用量ピル」の中で、ホルモン剤治療1シート目、
2シート目の経過

副作用などをお話しましたが
その後の状態も継続的に記事の合間にお話しますね☆


7月5日~7月16日(2シート目服用10日~21日)***********

薬の副作用で吐き気がひどく 
処方していただいた吐き気止めも全く効かない
食事があまりとれず、体力が落ちていたのか

元々あったイネ科の花粉症の時期で、ちょうど花粉症の薬もなくなっていたせいか
喘息が少しひどくなる

夜中も咳やタンがひどく、行きつけのアレルギー科の病院に行き
ホルモン剤治療中であること
服用している薬の明細を見せ、吐き気止めが全く効かないことも相談

喘息の飲み薬と今より強い吐き気止めの薬を処方していただく

プラノバール(ホルモン剤)を飲み終わる頃、喘息も治まる


・・・とにかくこの時期は辛かったですねー

体力が落ちすぎてたのもあるでしょうが
喘息と吐き気のダブルパンチでした(T▽T)

一応、誤解のないように追記しますが



ホルモン剤の副作用で喘息が悪化したのではありませんからね?

元々 
自分の体の弱い部分がある人は 
思わぬところで影響が出る
ということは 
ないとは言えません


私の場合は、今回とにかく食事が満足にできず
体力が落ちていたので弱いところが悪化した
と思っています



現に今もホルモン剤を服用し続けていますが
喘息はなんともないのですからw

ちなみに私が服用しているプラノバールは、こんなに小さな薬です


 
CAI4SI22.jpg 



直径5mm
もありません
こんなに小さな薬で体調は変わるんだ、と薬の効能って痛感しました

7月17日~7月21日(服用停止5日後 生理は26日まで6日間)****

7月23日*****************************



病院診察

今回の副作用のひどかったこと、喘息が出てしまったこと
他の病院で強い吐き気止めをもらって少し楽になったこと
など
Dr.に報告、相談
(この内容は次回もう少し詳しく別の記事にしますね)

アレルギー科でもらった吐き気止めの薬の明細を見せて
T病院で扱っている同じ効能の薬を処方してもらう

7月25日(3シート目服用開始)*******************

7月26日~8月12日(服用2日~19日)***************

強い眠気はずっとあるけど
吐き気の頻度が減ってきたような?
体が薬に慣れてきたのかな?

でも時々は、食後すぐに吐き気がする時があるので
すぐに吐き気止めの薬を服用

ひどくない時は、最初に処方していただいた弱い吐き気止めにして
これはひどいな、と言う時は強い薬に 
と少しでも調整して服用

・・・胃にきますから^^;w



もうじき3シート目が終わります

以前ほどにはひどい吐き気がしなくなってきたのが
ホントにありがたいです☆

以前は毎食、食事のたびに吐き気で苦しくて 
食事するのがイヤで堪りませんでした

最近は吐き気も
1日に1回とか、2日に2、3回くらいの頻度に治まっています♪

薬を飲み続けていれば 
大体3カ月くらいで副作用が治まってくる と
Dr.から最初に聞いていましたが 

このまま治まっていってくれたらなあ・・・

追記☆
上記は2010年のお話で、結局、我慢して6か月継続しましたが
副作用の吐き気がひどくて治療は断念しました(2か月休薬、再開してすぐに断念)
代わりにリュープリン注射で対処もしましたが、高額で継続しないで終わりました
薬は合う、合わないがあるので、人に寄りますが、多くの場合、私の様にはならずに
有効に利用される方がほとんどのようです








 カテゴリ
 タグ
None

子宮内膜掻爬術 体験記 ②レポート参




「子宮内膜掻爬術 ②レポート弐」
の続き

続き*******************************



病室に戻るとダンナさんが待ってた
「待合室じゃなかったんだー?」

「人がいっぱいいたから、こっちに戻ってた」

手術室に連れて行ってくれた看護師さんがみえて
「出血は大丈夫?」

「んー、今ちょっと動けないのでわかりません」
ぐらぐらで動けない

「んー・・・・大丈夫そうねー」
ぺろんとロリエ 安心ショーツタイプ をめくって確認されてしまったw
ダンナさん目の前で見てビビってないか?ww

看護師さんが行ってしまってから、ダンナさん
「寝てなさい」



自分が手術した時(婚約時に事故で半年くらい入院して何度も手術経験あり)
麻酔のあとはしんどいのをよく知ってるせいかそう言う

「んー、意識は戻っちゃったから眠くないんだよねー
・・・ってか、ものすごくのどが渇くわー」




病室に戻ってきたあたりから、のどがすごく乾いて
唇がくっついてしまっているような感じがずっとしてる

しばらくすると、最初の問診してくれた看護師さんが来てまた血圧と検温チェック

「あの、すごくのどが渇くので 
なんか飲んでいいですか?」


「ああ、いいですよー」

早速ダンナさんにあったかい紅茶を買ってきてもらう
ベッドを半分起こして座った状態にする

やっと飲めたー!
生き返る~♪

考えてみれば朝食後からずっと、ご飯も食べてないし
何も飲んでないしなー

・・・あれ? ダンナさんもやん?
「アンタなんか食べた?」

「いや? 別にハラへってなかったから 
コーヒーとか飲んだ」

他愛もないことを話しながら時々まどろみながら、しばらく
麻酔が抜けるのを待つ

・・・って・・・これからどうすりゃいいんだ?
いつ帰っていいのかドクターからなんか話とかあるのか?


ってなこと話す

また最初の看護師さんがみえたので聞いてみる
「あの、いつ帰っていいんですか?」

「麻酔が抜けて動けるようになったら
帰っていいですよ」


「でも次回いつ結果聞きにこればいいか
ドクターからお話とかあるのかわからないんですが」


「そうですねー、じゃあ聞いてみますね」

まだ転職したばかりと言ってたこの看護師さん
すごく一生懸命お世話してくれました

しばらくしてドクターがみえて
「見た感じ(癌とかの)悪い感じではなかった
今度は1週間後に来てください」


説明を聞いたので帰ろうとしたけど 
頭がぐらぐらで
どーにもうまく動けない


PM2:00頃に病室に戻って
すでに2時間・・・

ダンナさんは明日仕事
困った・・・

看護師さんがみえた
「麻酔抜けない?夕飯食べてく?」

「いえ、連れて帰ってもらいます
あの、会計は今日するんですか? 
金額とかわかりますか?」




手術と日帰りとは言え、入院なのでそこそこの金額いくだろう
手持ちより多ければ後日の診察の時にまとめて払おうと聞いてみた

「じゃあ会計に聞いてきますね」

えっ!? 聞いてきてくれるの?
後日でもいいかだけ、ここの病院のパターンでよかったんだけど


なんか申し訳ないことしてしまった

会計に聞いてきて下さったので
ダンナさんに連れられて、なんとか歩く

ロビーに着くと
「会計済ませてくるからそこに座ってて」

ありがたや~^^;

初診の時に用紙に書くようなテーブルといすのある記帳台のとこに座る

・・・あかん

普通に座ってられない・・・

人目も気にせずテーブルにつっぷす私・・・

「大丈夫か?」
様子が怪しい私に声をかける

「気持ち悪い・・・炭酸買ってきて・・・」

売店で炭酸ジュースをダンナさんに買ってきてもらう

「車(玄関前まで)持ってくるから、ここで待ってろ」

おとなしく玄関前で
・・・地べたに座り込む私

・・・あかん・・・立てねー・・・気持ち悪い・・・

「ごめん、気持ち悪いから車の中で 
今はタバコ吸わんといて」


「お、わかった」

「お腹すいてるから気持ち悪いのかもだから
コンビニよって、パンとか夕飯買ってきて」


PM5:30
帰宅

とりあえず 買ってきたパンとかかじって ひたすら転がる私
*********************************

このあと、2日くらいはふらふらで、階段とかも壁伝いに歩き
一日のほとんどを寝てすごしました

家事とか以前の問題で、私の場合とにかく麻酔が残っていたのか
手術のせいか満足に動けませんでした

また術後に飲む薬を1週間分いただいたのですが
多分、鎮痛剤とか化のう止めとか、そういうたぐいの薬だと思うのですが

術後2日は便秘でしたが、その後
2週間くらい下痢がものすごく
おしりはキレて出血するわ
シモは出血は少しでしたが1週間くらい続くわ、痛痒くなるわ
大変でした(T0T)


普段はお世辞にも優しいというタイプではないダンナさんが
この時ばかりはものすごく親切に?いろいろしてくれて
ホントに助かりました

手術自体は麻酔や痛みどめが効いてからは
幻覚見てるような夢の中のような
現実感が全くない状態だったので
痛みもなく、組織診よりラクでした

薬がすぐには効かず、また一旦効くと 
いつまでもなかなか抜けない体質らしい私は
こんな感じでした^^;

ちなみに、手術と日帰り入院の費用は、15000円くらいでした
病院や内容により幅はあると思いますが
私の場合はこのくらいでした

特殊なケースではないかな~・・・
と思いますが
参考にでもしてくだされば幸いです☆









 カテゴリ
 タグ
None

子宮内膜掻爬術 体験記 ②レポート弐




子宮内膜掻爬術 ②レポート壱」の続き

先に説明しておきますね 
通常は全身麻酔をしますが私は少々喘息っけがあるので
静脈麻酔になりました

全身麻酔は自発呼吸が出来ない状態になるので
喘息の人にはあまり向かないようです
私の受けた静脈麻酔は、自発呼吸のできる一番全身麻酔に近い麻酔だったそうです
だからか完全には意識がなくならなかったようです

続き*******************************



診察台のようなベッドに寝るよう指示される私

ambulance-.jpg
※画像はイメージです

いわゆるこの手術室の中には、さっきの看護師さんとは別の
手術を手伝う看護師さん?が二人

「背が高いねー ちょっと高さかえましょう」
なんか調節

すぐに胸とお腹に3か所、丸いばんそうこうみたいのに
電極が繋いであるものをつけられ 心電図が私の左側で


ぴっ・ぴっ・・・
と鳴りだす

指にも洗濯バサミみたいのをつけられる
(血中酸素濃度測るヤツだな・・・)
これも左側で、なんかモニターが表示されている

「すぐできそう?」
ドクター登場

「この診察台(?)前の型と違うから 
誰かセットかえてあるみたいでー」




看護師さんがなんか苦労してセットしてる
どうやら、通常の手術とこういう婦人科の手術は違って、やっぱり足を載せたり
するのでなんか足元に取り付けが必要な感じ

(・・・・・・・・・・)



まあ、当日の手術が多かったんだろけど
ひとりの看護師さんがセットをして、もうひとりが私の右側にいる

「痛くないといいんですけどねー」
不安なので話しかけてみる

「うーん、痛いから麻酔するからねー」
困ったような顔の看護師さんの返事

・・・まあ、そりゃそうだよね・・・
・・・・・・・こえー・・・
(T▽T)

なかなかセットが終わらない
(・・・先にやっといてくれよ~・・・)



少々じれてきた私
ようやくセットができて

「じゃあここに足を載せてくださいねー」
ベッドの足もとあたりに斜め横に小型の台がついた
そこに足を載せる



載せる時に足に空気を中に入れて柔らかく膨らませてある
モバイルバッグの布みたいので作った
ベルトのついた筒状になるものに足を入れる
保護具?
(これで台に固定するのかな?)

「もう少し下にさがってください」
(・・・私そんなにデカイかなー・・・身長165ですが・・・)

ここまでで手術室に入って、すでに10分くらいは時間がたっているので
妙に緊張してきた・・・やべー・・・

カッ
と足元のほうにTVでよく見るような手術室の上にある
電球がいっぱいついたような大きなライトが点灯

(ライトってあったかいもんなんだー)
股のあたりがライトの熱で暖かくなる

「じゃあ消毒しますねー」
ドクターがごそごそなんか始めた

「痛みどめを入れますよー」
看護師さんが言う
点滴の管のところに、コネクター(接続できるなんかみたいなの)があり
腕に直接注射ではなく点滴に追加して入れるようだ



・・・なるほどね~
手順とかはわかったが・・・・・・ 

・・・・・・・アカン かなり怖い

「麻酔入れますねー、頭がぼ~っとしてきますよー」
看護師さんが次々に声をかける

ごり・・・ぐり・・・

「・・・! いっ! た・・!」
ドクターがなにやらやってるのが痛い! 

「えっ?まだ消毒してるだけだから 
このくらいはガマンして」


・・・と言われても、痛くて思わず上の方に体が逃げる

「もう少し体を下におろしてくださいねー」

「・・・っ! ・・ふっ! っ!!」
絶対!消毒じゃなくて!なんか入れてるし !
痛いって!!

「頭、ぼ~っとしてませんか?」
看護師さんが聞く

「全然!麻酔効いてませんよー!」

すでに半泣きの私

右側の看護師さんがモニターを見ながら
「緊張してみえるからかな~」

ここでドクターが指示をしたようで薬の量を増やしたみたい



「もうすぐ頭がぼ~っとしてきますよー」
左側の看護師さんが言う

「患者さん痛がってみえるから少し待とうか~」
ドクターが言ってくれる

「緊張してると麻酔効かないんですか?」
看護師さんの声
 
「うん、僕もヘルニアの手術やった時 
すぐには効かなかったなあ」

ドクターの声

「頭、ぼ~っとしてきましたか?」
看護師さんが聞く

「はい頭は、ぼ~っとしてきました」
意識はまだあるけど・・・


・・・・・このあたりでいつ眼をつぶったのかわからなくなる




眼を閉じてラジオかTVを聞きながら夢を見てるような感じで
眼の前には鮮やかな黄色やピンクのネオンのようなものが
高速で走るような、SF映画の未来都市の夜景を見てるような中
時々明確にドクターと看護師さんの声が聞こえる

痛みはないけど時々、お腹のあたりや股のあたりに
なにかの感触があり

(トイレ(大)したいような・・・
もれないやろか・・・)

とか考えてたw

「生理用品どこにありますか?」
看護師さんの声

「あー、病室にあるので主人に聞いてみてください」
多分、手術室内の電話かなんかで連絡したらしい

お、もう終わりそうか?

「あれ?これ子供さんのおむつじゃない?」
あ、届いたんだ



「いえ、私子供いないし
それパンツタイプのですごく伸びるんですよ」

なんだか自分の声が聞こえずらい

「へえー、今は便利なのあるんだね~
これ尿漏れとかにもいいんじゃない?」

ドクターがなんか感心してるのがおかしいw

使っている人、意外に少ないのかな?
ロリエ 超吸収ガード 安心ショーツ
まるきりオムツみたいに見えるけど、一番安心して使える生理用品なんだけどなあ

・・・あ、右足の巻いてある保護具?が外されてる
ってことは目を開けていいころかなー
って私、いつ眼を閉じたんだろう・・・


ぼんやり思う

・・・あ、左足のほうも 外してる
眼を開けよう


いつの間にかロリエ 超吸収ガード 安心ショーツは履かせてもらっているよう

「見えてますか~」
ドクターが左前あたりで手をひらひら降ってる

「見えてまーす」
ふと時間が気になった

「頭動かしていいですか?今何時かな?」



麻酔後は頭とか動かすと頭痛や吐き気がするのを見てきているので
聞いてみた

「いいですよ」
看護師さんの声で左側の壁を見る




PM1:50

「40分くらいかかったんですねー」
やっぱり自分の声がなんだか遠くに聞こえて
自然に声が大きくなってないか?私・・・

「んー、そうねーじゃあ、隣にごろっと移動してください」
看護師さんに言われると、診察台?の左側にベッドらしきものがある
看護師さんが二人で移動を手伝ってくれる感じ

「あー、私デカイから重いですよーw」
言いながら動こうとするけど、うまく体が持ち上がらない
寝ながら横に転がることにする

「あらあら、ぐらぐらねー」
看護師さんが言う

「あははー、ダメですわー」
意識はあるけど、やっぱり声が遠くに聞こえて
体がぐらぐらの酔っ払い状態に近い感じw

ガラガラ通路をベッドで移動
「あれ?靴下(むくみ防止用の長いハイソックスを
手術前に 履かされてた)履いたままだねー
もらってく?」


へっ?もらっていいの?

「もらっていいんですか?これスリムウォーク
みたいなヤツですよねー」


「いいんじゃない?病院のだから高くてイイヤツよ~w」

「やった♪ラッキー♪」
・・・なんだか私ちょっと、テンション高くないか?
まあ、 麻酔抜けきってないからだろなーw




もう少し続くので 「子宮内膜掻爬術 ②レポート参」 を追加します^^;











 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 困ったぽんぽん All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます