子宮内膜搔爬術
以降 
ホルモン剤で継続的に治療することになりました

この治療は「プラノバール 中用量ピル」でお話したように

21日間プラノバール(ホルモン剤)を 
だいたい毎日同じ時間に服用
薬が無くなったら  
生理が来るのを待ち
生理が来たら 
5日目からまた薬を再開(この間に病院に行き次の薬をもらう)

この繰り返しです


薬で生理のサイクルを調整し、定期的に確実に子宮内膜をはがす
という治療です

私のように生理が長かったり、不正出血が多い場合は、生理をコントロールして
不正出血を抑えるのが目的です

避妊に低用量ピルを服用する場合も薬のサイクルは同じだと思いますが
用途が違いますね
また更年期でホルモン補充療法をする場合にも薬を使いますが、これも用途が違います

「プラノバール 中用量ピル」の中で、ホルモン剤治療1シート目、
2シート目の経過

副作用などをお話しましたが
その後の状態も継続的に記事の合間にお話しますね☆


7月5日~7月16日(2シート目服用10日~21日)***********

薬の副作用で吐き気がひどく 
処方していただいた吐き気止めも全く効かない
食事があまりとれず、体力が落ちていたのか

元々あったイネ科の花粉症の時期で、ちょうど花粉症の薬もなくなっていたせいか
喘息が少しひどくなる

夜中も咳やタンがひどく、行きつけのアレルギー科の病院に行き
ホルモン剤治療中であること
服用している薬の明細を見せ、吐き気止めが全く効かないことも相談

喘息の飲み薬と今より強い吐き気止めの薬を処方していただく

プラノバール(ホルモン剤)を飲み終わる頃、喘息も治まる


・・・とにかくこの時期は辛かったですねー

体力が落ちすぎてたのもあるでしょうが
喘息と吐き気のダブルパンチでした(T▽T)

一応、誤解のないように追記しますが



ホルモン剤の副作用で喘息が悪化したのではありませんからね?

元々 
自分の体の弱い部分がある人は 
思わぬところで影響が出る
ということは 
ないとは言えません


私の場合は、今回とにかく食事が満足にできず
体力が落ちていたので弱いところが悪化した
と思っています



現に今もホルモン剤を服用し続けていますが
喘息はなんともないのですからw

ちなみに私が服用しているプラノバールは、こんなに小さな薬です


 
CAI4SI22.jpg 



直径5mm
もありません
こんなに小さな薬で体調は変わるんだ、と薬の効能って痛感しました

7月17日~7月21日(服用停止5日後 生理は26日まで6日間)****

7月23日*****************************



病院診察

今回の副作用のひどかったこと、喘息が出てしまったこと
他の病院で強い吐き気止めをもらって少し楽になったこと
など
Dr.に報告、相談
(この内容は次回もう少し詳しく別の記事にしますね)

アレルギー科でもらった吐き気止めの薬の明細を見せて
T病院で扱っている同じ効能の薬を処方してもらう

7月25日(3シート目服用開始)*******************

7月26日~8月12日(服用2日~19日)***************

強い眠気はずっとあるけど
吐き気の頻度が減ってきたような?
体が薬に慣れてきたのかな?

でも時々は、食後すぐに吐き気がする時があるので
すぐに吐き気止めの薬を服用

ひどくない時は、最初に処方していただいた弱い吐き気止めにして
これはひどいな、と言う時は強い薬に 
と少しでも調整して服用

・・・胃にきますから^^;w



もうじき3シート目が終わります

以前ほどにはひどい吐き気がしなくなってきたのが
ホントにありがたいです☆

以前は毎食、食事のたびに吐き気で苦しくて 
食事するのがイヤで堪りませんでした

最近は吐き気も
1日に1回とか、2日に2、3回くらいの頻度に治まっています♪

薬を飲み続けていれば 
大体3カ月くらいで副作用が治まってくる と
Dr.から最初に聞いていましたが 

このまま治まっていってくれたらなあ・・・

追記☆
上記は2010年のお話で、結局、我慢して6か月継続しましたが
副作用の吐き気がひどくて治療は断念しました(2か月休薬、再開してすぐに断念)
代わりにリュープリン注射で対処もしましたが、高額で継続しないで終わりました
薬は合う、合わないがあるので、人に寄りますが、多くの場合、私の様にはならずに
有効に利用される方がほとんどのようです








関連記事
 カテゴリ
 タグ
None