ご無沙汰しております

昨年12月から毎月定期検診が続いていました
私は腫瘍や腫瘍のようなものが今のところ全て良性なので
年に1、2回程度の検診があります

2013年12月に甲状腺腫瘍の定期検診⇒エコーのみ
多少の増加はありましたが問題ない範囲で定期検診継続のみ

2014年1月に乳腺線維線種等の定期検診⇒エコー・マンモグラフィー
左胸の線維線種、右ののう胞様のもの等の腫瘍状の検査ですが右に少し
変なモノがあり、再検査でしたが問題なしだろうということで定期検診継続のみ

2014年2月に子宮内膜増殖症の体癌検査⇒触診・エコー・体癌検査細胞診
多分大丈夫だろうとのことですが3月に検査結果確認の予定

面倒ですが、こういう検査は受けておかないとわかりません
自分で自覚症状のあるようなものではないので・・・^^;

甲状腺や胸は触って分かる腫瘍なので大きくなったり、なくなれば?
わかりますが、子宮内のものなどは全くわかりません

出血が多くなれば悪くなる、というものでもないらしく
現在、薬の副作用でなった高プロラクチン血症は治ったようですが
卵巣機能が低下しているのか閉経気味なのか生理が間隔も出血量も
バラバラで見当がつきません^^;w

生理の間隔も20日ほどできたり、40日くらい来なかったり
出血量も生理の4、5日目くらいの量しかない月もあれば
普通に多い時もあります

これでは自分で判断できませんよね?

あきらめて面倒でも痛くても定期検診をきっちり受けています☆

このまま悪化することなく閉経すれば、多分いろいろある腫瘍なども
特に子宮と胸は問題なくなるでしょうし♪

高プロラクチン血症は薬をやめて改善する薬を飲んでいたのも
やめて平均値に収まっているので直ったようです♪

前回お話した過敏性腸症候群の関係か胃腸の働きが弱って
食事や便通がおかしかったのも薬を替えて問題なく過ごせています♪
食べ過ぎないように気をつけていれば、薬を飲んでいるせいか
普通に食べられるし、苦しくもなくなりました!
ありがたいです^^

とりあえずは次回の体癌検査の結果を確認して
問題なければこちらも経過観察の定期検診のみですむかも☆

胃腸科だけは毎月薬の処方が必要かもしれませんが少し病院に通う頻度が減るかもです♪




*********************************
治療 経過報告
12月18日(耳鼻咽喉科 甲状腺腫瘍エコー検査)**********
1月21日(外科 胸の腫瘍定期健診)****************
1月25日~2月2日(生理9日間)*****************
2月28日(婦人科 子宮体癌検査)*****************

2013年12月ごろから高プロラクチン状態解消

乳腺線維線種:2014年7月検診予定
甲状腺腫瘍:2014年6月検診予定
子宮内膜増殖症:半年ごとの定期健診
過敏性腸症候群(痛み、吐き気あり):毎月薬の処方、現状1日3種類の薬の服用
       胃腸の不快感緩和の薬 アルジオキサ顆粒50%
                  コランチル配合顆粒
                  フォリクロン細粒2%
                  炭酸水素ナトリウム
                  コンクチームN配合顆粒
                  ※上記の総合配合薬1袋 毎食後 
       抗鬱剤(胃腸の運動異常) パキシル錠10mg 1日1錠
       下剤(便通改善の緩やかな漢方薬) ツムラ潤腸湯エキス顆粒(医療用)
                       1日1袋便秘気味の時は量を増やす     
              

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None