皮膚癌の手術で1週間の入院をしました^^;
141107_143901.jpg

陰部にできた皮膚癌なので日帰りで
できるものではないので入院でした

当初の手術予定日の2日前に生理が来てしまい
部位が部位なので2週間延期しての手術です

手術も外来が終わってから順番にあり、私は3番目の手術で
1時に病院に行き、40分待って病室に移動
4時40分ごろに手術室へ・・・すごい待たされましたねえ・・・

手術まで何時間もあったので外出していいか?と看護師さんに聞いても
「もう入院しているのと同じだから院内から出てはダメ」
と・・・

手術には家族も同席(別室待機ですが)なので旦那さんも待機です
病院って・・・

手術の少し前から生理食塩水(生食)を点滴します
これで手術中の薬などを導入しやすくするため、今はそういうのがほとんどのようですね

エレベーターで移動し私は手術室へ、旦那さんは家族の待合室へ

手術台に乗ると心電図や酸素濃度の測定器を指につけたり、血圧計を装着されます

私は今回、局所麻酔なので意識もしっかりありますw

患部が陰部ということで麻酔が痛いのなんの!

何度か麻酔を打ちましたが、先生が
「痛いねー我慢してー」

と言ってても

「いいいいいーーーーーーーっつ・・・・・・・・・・!!!!」

と手術台を握りしめて、歯を食いしばっていたので
看護師さんたちが

「痛そう~・・・」
とw

ええ、歯の麻酔の10倍は痛かったと思います(T▽T)

手術が始まる前に、顔の前に鉄の棒みたいのがセットされ
何かな?
と思っていたら、つい立てでしたね
見えないようにタオルをかけただけのですがw

私は見える方が安心できるので見たいといいましたが
気持ち悪くなるよー
と見せてくれませんでした

まあ、頭の上のライトに映るぼんやりした影でみてましたけどねw

局所麻酔なので、何かされてる感じはありますが
麻酔はすぐに効くので痛みはありません

ただ、思ったよりも時間はかかりました

自分で、切除する前に見た感じでは2cmくらいの長さで1cmくらいの幅の
あざのような癌だったので、まあ、15分くらいで終わる?
とか思ってましたが、1時間40分くらいはかかったみたいです

患部の場所が伸びやすい皮膚だったので、ほかの場所からの移植は
なかったのですが、にゅーーーーっと皮を延ばして縫い付けたようです

退院してから、患部に化のう止めの薬を塗るのに
自分では見えないので旦那さんにやってもらうとき、見てもらいましたが
10cmくらいの傷だそうです

・・・そんなに大きく切ったの!?・・・・びっくりです・・・@@;

手術後、当日の夜以外は対して痛みもなく
トイレで拭いたりの押すような動作は痛みますが
普通にしていれば痛みもありませんでした

幸い、私がやたらと元気だったせいか管を通さずに
そろりとトイレもすればよかったので助かりました
当初は管を通すという話でもあったのですが
うまく患部をガーゼで分厚く保護して、汚れないようにすれば
大丈夫でした^^;

術後もさくさく歩けたのですが、当日は病室のあるフロアから
出てはダメと言われましたw

入院中は、午前、午後で1回ずつの点滴
化のう止めの抗生剤を打ちます
ずっと点滴の針と管を刺したままで、コネクターで導入するものです
141107_110701.jpg

それ以外は朝のうちに先生の回診で
患部の消毒や様子を確認してもらい
薬を飲んで、おとなしくしている、の連続・・・

なまじ内臓の病気などではないのでヒマでヒマで
時間があると少しづつ院内を散策していましたw

ずっと動かないでいると動けなくなります
動き回りすぎてはいけませんが
少しは動かないと足が萎える、というか動くのがダルくなってしまうので・・・

入院は当初、5日、と言われてましたが
先生に
「何日入院できる?」
と聞かれて
「1週間?」
と答えたので1週間になったもようw

もしかしたら抜糸するまで入院できたらしてたほうがよかったのかもしれません

退院しても週明けまで(4、5日後)は安静に
と注意され、飲み薬の抗生剤もその分もらいました

抜糸は退院1週間後です

病院では気づきませんでしたが、やはり切ったり縫ったりはダメージがあるのか
入院中は動いていたといっても、8割はベッドの上だったせいか
家に帰ってから動くと、違いますねえ

すぐに疲れる、動いているうちに患部も痛くなる、ダルイ・・・

病院での移動はエレベーターで平らな場所だけの歩きだったので
動けたのでしょう

階段の上り下りや、買い物などで少し動くだけでも疲れてしまいますねー

バイトも週明けに1日だけ出させてもらって、大丈夫なら
また、と出勤を増やしていこうと思っています








関連記事
 カテゴリ
 タグ
None