失神したことがありますか?

貧血や熱中症など、ぐらり、とめまいがした経験は誰しも
あるとは思いますが
意識を失って倒れるのは、ちょっと勝手が違います

私は失神したことは実は一度だけ
それも旅行で出かけた温泉でのぼせて倒れたことがあります^^;w

普段から過敏性腸症候群で、現在は薬でかなりコントロール
できていますが
以前は、下痢などの痛みのあまり、失神寸前になったこともしばしば・・・
(排便失神というそうです)

生理の出血が多くて、グラグラするのもまあ、毎回w

意識を失って倒れると、普段は倒れそうになると
無意識にでも両手で体を壁などに充てて、防ごうとしますよね?
それができないのです

いつ自分が倒れたのかも、わからないので
気が付いたら周りに人がいた、とか
なんだか身に覚えのないケガをしている、ということになりやすいのです

私が失神したときは温泉の脱衣所で吐き気がひどくて、湯あたりしたか、と
椅子に座っていて、そのまま倒れたらしく
なんだか口が痛い・・・と思ったら
床に転がっていて、周りに施設の人がいて
倒れたときに、唇を自分の歯で噛みきったらしく盛大に出血していました^^;w

できれば、恥ずかしいので倒れたくはない
身に覚えのないケガやら、痛い思いはしたくない

なので、私の経験上ですが、こんなふうな症状や状態になってきたら
厳重注意!すぐに対策を!
を挙げてみたいと思います♪


貧血の症状といえばまず
めまい、ぐらつき、眠気
などです
微熱などがあっても、こうなりますが
なんだか目が回る・・・という感じになったら無理に動かないことです
できれば少し安静にしたいですね

頭痛、吐き気
これも案外貧血の症状の場合があります
風邪でもなく、食べすぎでもないのに??
というときは注意が必要です
(熱中症でも同じような症状が出ますので状況に応じて判断してみてください)

鎮痛剤で痛みや吐き気は緩和できますが、それに伴って
めまいなどもあることも多いようですので、薬などで症状を緩和しても
無理をしないようにしましょう


寒気、手のしびれ
これまた熱があるわけでもないのに、いつもなら平気な気温なのに
やたらと寒い感じがする、何かしたわけでもないのに
手がしびれるような感覚がある
こういう時も、危ないです

たいてい貧血を起こしていると、顔色が悪くなりますよね?
寒気があるときもそうなりやすく、冷えすぎると手がしびれたりもします
貧血らしい症状なので、とにかく体を温めて、できればお風呂に入るなどして
暖かい飲み物などを摂ったり、サプリでもいいので鉄分を補給したほうが安心です


生あくび、冷や汗
眠いわけでもないのに、なんだか何度もあくびが出る、
ぞぞっとするのに汗が大量に出る
これは、かなりやばい状態です

私の場合、下痢のひどいとき、痛いのに出ないときなど
よくこうなりますが、ひどい吐き気も伴うこともあります
上からも下からも全部から出そうになったり
トイレなど狭い場所が自分の汗や体温、呼吸で壁面などに露が下りるくらいになったり
着ている服がべったり濡れるくらいの汗が出て
暑いのに頭が冷えてる感じになりやすいです

この状態の時、よく眠くもないのに何度もあくびが出ることがあります
もうこうなると、失神間近なので、できれば横になるなど安静にした方がいいです
痛みがあるときは、救急車レベルの痛みの時もありますので
誰か身近にいれば、呼ぶとか、いなければとにかく
横になる、座り込む、などしたほうがいいでしょう

あと、簡単な貧血の判断の仕方としては
有名ですが
あっかんべーの状態で下瞼の内側の色を日ごろから観察しておくことです
日ごろの自分の下瞼の色がどんな色か
よく観察してみてください

花粉症などで真っ赤な時はともかくw
たいていは普段は血管の走ったピンクから紅いような色だと思います
貧血の状態になると
眼のすぐ下の瞼の内側が白くなります

自覚ができないときは、こういう色でも判断できますよ


普段から女性は生理があったりして貧血をおこしやすいので
ホウレンソウやレバーなど食べるようにするとかできればいいのですが
難しければ、最近はサプリでヘム鉄など簡単に摂ることができます
他にも機能性食品や機能性飲料で鉄分を多く含むものも販売されています
手軽にコンビニでも買えますし、ストックしておいてもいいでしょう


日常的に貧血の症状がある人は、もちろん病院で診てもらった方がいいですし
鉄剤など処方してもらうのも確実です

でも、たまにとか、突然とか、生理の一時期だけなら
こまめに病院に行くのは難しい場合が多いものですよね
ならば、日ごろから自分の体調や状態をよーく観察しおいて
自覚しやすいようにしておくのも、便利です

多忙で、一人でなんとかしなくちゃならないことも多いのが
現代人ですよね
うまく自分の体とつきあっていくためにも、予防や対策で賢く?過ごしたいものですね^^


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None