「子宮内膜掻爬術 ②レポート弐」
の続き

続き*******************************



病室に戻るとダンナさんが待ってた
「待合室じゃなかったんだー?」

「人がいっぱいいたから、こっちに戻ってた」

手術室に連れて行ってくれた看護師さんがみえて
「出血は大丈夫?」

「んー、今ちょっと動けないのでわかりません」
ぐらぐらで動けない

「んー・・・・大丈夫そうねー」
ぺろんとロリエ 安心ショーツタイプ をめくって確認されてしまったw
ダンナさん目の前で見てビビってないか?ww

看護師さんが行ってしまってから、ダンナさん
「寝てなさい」



自分が手術した時(婚約時に事故で半年くらい入院して何度も手術経験あり)
麻酔のあとはしんどいのをよく知ってるせいかそう言う

「んー、意識は戻っちゃったから眠くないんだよねー
・・・ってか、ものすごくのどが渇くわー」




病室に戻ってきたあたりから、のどがすごく乾いて
唇がくっついてしまっているような感じがずっとしてる

しばらくすると、最初の問診してくれた看護師さんが来てまた血圧と検温チェック

「あの、すごくのどが渇くので 
なんか飲んでいいですか?」


「ああ、いいですよー」

早速ダンナさんにあったかい紅茶を買ってきてもらう
ベッドを半分起こして座った状態にする

やっと飲めたー!
生き返る~♪

考えてみれば朝食後からずっと、ご飯も食べてないし
何も飲んでないしなー

・・・あれ? ダンナさんもやん?
「アンタなんか食べた?」

「いや? 別にハラへってなかったから 
コーヒーとか飲んだ」

他愛もないことを話しながら時々まどろみながら、しばらく
麻酔が抜けるのを待つ

・・・って・・・これからどうすりゃいいんだ?
いつ帰っていいのかドクターからなんか話とかあるのか?


ってなこと話す

また最初の看護師さんがみえたので聞いてみる
「あの、いつ帰っていいんですか?」

「麻酔が抜けて動けるようになったら
帰っていいですよ」


「でも次回いつ結果聞きにこればいいか
ドクターからお話とかあるのかわからないんですが」


「そうですねー、じゃあ聞いてみますね」

まだ転職したばかりと言ってたこの看護師さん
すごく一生懸命お世話してくれました

しばらくしてドクターがみえて
「見た感じ(癌とかの)悪い感じではなかった
今度は1週間後に来てください」


説明を聞いたので帰ろうとしたけど 
頭がぐらぐらで
どーにもうまく動けない


PM2:00頃に病室に戻って
すでに2時間・・・

ダンナさんは明日仕事
困った・・・

看護師さんがみえた
「麻酔抜けない?夕飯食べてく?」

「いえ、連れて帰ってもらいます
あの、会計は今日するんですか? 
金額とかわかりますか?」




手術と日帰りとは言え、入院なのでそこそこの金額いくだろう
手持ちより多ければ後日の診察の時にまとめて払おうと聞いてみた

「じゃあ会計に聞いてきますね」

えっ!? 聞いてきてくれるの?
後日でもいいかだけ、ここの病院のパターンでよかったんだけど


なんか申し訳ないことしてしまった

会計に聞いてきて下さったので
ダンナさんに連れられて、なんとか歩く

ロビーに着くと
「会計済ませてくるからそこに座ってて」

ありがたや~^^;

初診の時に用紙に書くようなテーブルといすのある記帳台のとこに座る

・・・あかん

普通に座ってられない・・・

人目も気にせずテーブルにつっぷす私・・・

「大丈夫か?」
様子が怪しい私に声をかける

「気持ち悪い・・・炭酸買ってきて・・・」

売店で炭酸ジュースをダンナさんに買ってきてもらう

「車(玄関前まで)持ってくるから、ここで待ってろ」

おとなしく玄関前で
・・・地べたに座り込む私

・・・あかん・・・立てねー・・・気持ち悪い・・・

「ごめん、気持ち悪いから車の中で 
今はタバコ吸わんといて」


「お、わかった」

「お腹すいてるから気持ち悪いのかもだから
コンビニよって、パンとか夕飯買ってきて」


PM5:30
帰宅

とりあえず 買ってきたパンとかかじって ひたすら転がる私
*********************************

このあと、2日くらいはふらふらで、階段とかも壁伝いに歩き
一日のほとんどを寝てすごしました

家事とか以前の問題で、私の場合とにかく麻酔が残っていたのか
手術のせいか満足に動けませんでした

また術後に飲む薬を1週間分いただいたのですが
多分、鎮痛剤とか化のう止めとか、そういうたぐいの薬だと思うのですが

術後2日は便秘でしたが、その後
2週間くらい下痢がものすごく
おしりはキレて出血するわ
シモは出血は少しでしたが1週間くらい続くわ、痛痒くなるわ
大変でした(T0T)


普段はお世辞にも優しいというタイプではないダンナさんが
この時ばかりはものすごく親切に?いろいろしてくれて
ホントに助かりました

手術自体は麻酔や痛みどめが効いてからは
幻覚見てるような夢の中のような
現実感が全くない状態だったので
痛みもなく、組織診よりラクでした

薬がすぐには効かず、また一旦効くと 
いつまでもなかなか抜けない体質らしい私は
こんな感じでした^^;

ちなみに、手術と日帰り入院の費用は、15000円くらいでした
病院や内容により幅はあると思いますが
私の場合はこのくらいでした

特殊なケースではないかな~・・・
と思いますが
参考にでもしてくだされば幸いです☆









関連記事
 カテゴリ
 タグ
None