婦人科の病気の症状は 
最初は ほとんどわからない
と言います

だって 
お仕事してたり 家事や育児に忙しい 現代女性のほとんどが

だるさ
眠気
少々の熱
腹痛
生理不順・・・


など日々誰もが体験済みでしょう (^^;)
*********************************


その中で 一番気をつけたいのが
不正出血です

不正出血は文字通り
生理など 普段ある出血以外の時期に起きる出血です

「あらやだ 下着が少し汚れてる・・・」 
「?? おりものに色がついてる?」

これくらいの ほんのわずかな 本人も気にしない程度でも
怖い病気のサインだったりします

私は ここ数年くらい前から
「忙しかったし疲労や夏バテかな~?」
ってくらいの体調の時や

「生理の間だから 排卵出血だろうなあ」
と 微量の不正出血を軽く見て あまり病院に行っていませんでした

・・・いや、何度か行ったことは行ったんですがね・・・
多忙や経済的な理由などから 後回しにしちゃったんですね^^;

それが 今回
生理が終わって 1週間で また生理と同じくらいの量の出血があり
さすがに 驚いて病院に行きました

内診と超音波エコー、細胞診で
「子宮内膜に何かありそうだね・・・」
とドクターに言われ
ソッコー 日帰りですが検査入院を勧められました

まあ、びっくりですわ(T▽T)

体は無言で
メッセージを送っているんですねえ・・・

*********************************


なんだか いつもと違う
特に
不正出血があったら 
まず病院へ行ってみてください


「出血が治まってからのほうが・・・」
なんて思わないで 大丈夫です!

熱が下がってから お医者さんに行っても
お医者さんは 
「なんともありませんよ?」
としか 言いませんよねw

異常に気付いた時に 
すぐに行動するのがベストです☆


行くのは
産婦人科ではなく 婦人科の病院です

産科と婦人科は別の領域なので
例えば子宮体癌の疑いがあっても 産婦人科では処置ができないのがほとんどです

病気かも?
と不安を感じて受診するなら できれば入院や手術のできる設備のある
婦人科へ 行ってみてくださいね☆  
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None