ホルモン剤(プラノバール)の副作用がひどくて
服用をやめたいと申し出た私に
注射を勧めてくれたDr.

とりあえず 吐き気を止めたい一心で注射を打つことにしました

指示された病院の点滴や注射をするブースに伺いました

中には何人かの点滴中の人や
注射や検査のための指示を受ける人がいました

私の番になり 看護師さん?が聞いてきました
*********************************
看護師さん 「お腹にうちますか?
    腕にうちますか?」


私 「お腹に、ですか!?
 うったことないんですが
 腕だと上がらなくなるような
 注射ですか?」


お腹に注射を打ったことのない私はびっくり!
思わず聞いてしまいました^^;w

看護師さん 「あ、初めて打つんですね?w
    大丈夫、インフルエンザとかの
    注射と一緒ですよw」


私 「あ、そうなんですか^^;
 なんて注射ですか?」


看護師さん リュープリンって注射です」

初めて聞く名前です
あとで調べようw

二の腕の外側に打つようで 皮下注射ではなく
筋肉注射のようです

看護師さん 「これは揉まないでくださいね
    あと、お風呂は入れますからね」


私 「はい」
*********************************
筋肉注射にありがちな 少し痛い注射でした^^;
数日はうった辺りがすこーし痛い感じです

お値段は 10430円ナリ・・・^^;
やっぱり高いなあ・・・ (T0T)

でも 先生のご厚意?で 保険利くようにしていただいたんだし
ありがたいことです

翌日からホルモン剤の服用を停止しました
停止から5日目で生理が来て
吐き気もほとんどありません

なんてラクなのー!

ただ 生理が現在ですでに8日
また不正出血バージョンかもしれません^^;
リュープリンをうってもすぐには生理は止まらないとの
ことでしたので 次回の診察まで様子をみる予定です

リュープリン注射については ネットで少し調べましたが
やはり 子宮内膜症や子宮筋腫の治療
腫瘍部分の肥大を止めるために使われることが多いようです

副作用としては 強制的に閉経状態にするため
更年期症状が出やすい
長期間(半年が目安のようです)使用すると
骨粗鬆症になりやすい
とも・・・

手術などをするために暫定的に(一時的に)生理を止める薬
のようです

強い薬には違いないようですが
抗がん剤などよりは副作用も軽いようです

実際 私はリュープリンを注射して今日で12日ですが
いまのとこ副作用らしきはないようです
吐き気もしなくなり かなりラクになりました♪

ただ 強い薬でしょうから 注意して様子を見ます
それに高額な薬なので 経済的にも継続できるか
未知数な状態でもあります^^;

今 私が考えているのは

子宮内膜増殖症は治らない病気なのか?

不正出血がなければ経過観察だけでいいのか?

私のように薬を使用しないと毎回不正出血してしまうのは
強い薬を服用し続けないとならないような
よくない状態なのか?


実際 こうしてDr.も(多分いろいろ)調べてくださり
保険なども配慮してくださって、なのですが・・・

このままいつまで 強い、とか高い薬を使い続けないといけないのか
不安です

閉経まで?

不正出血があるなら閉経がいつになるかもわからないし
閉経後も不正出血があるなら ずっと?

母が糖尿病なので 発病したら進行を抑えるために
継続して薬を続けないとならない病気があるのは
よく知っています

自分の状態、病気?もそうなのか?

次回の診察の時 またDr.に質問してみたいと思っています

*********************************
治療 経過報告
1月22日(ホルモン剤開始 出血期間16日~26日)********
1月24日~30日(37.5~38.5度の熱 風邪?)*******
2月2日~4日(吐き気がひどく夕食後起きあがれない状態)******
2月5日(病院 リュープリン注射)*****************
2月6日(ホルモン剤中止)*********************
2月10日(生理開始 17日現在8日目微量の出血あり)*******
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None