甲状腺のしこり(腫瘍)の検査結果は
やっぱり良性でした^^v

まあ、子宮も胸もそうだったので今回も
同じ・・・
2cmくらいの大きさの腫瘍ですが経過観察です

S病院で前回と違う先生が担当でした

*********************************

Dr.「検査結果は悪性ではなく大丈夫でしたよ」

私 「ああそうですか
  脂肪とかの固まりですか?」


Dr. 「脂肪じゃありませんよ
  のう胞でもないです」


私 「私胸にものう胞と線維線種があるんですが
  同じようなのですか?」


Dr. 「それは取ってみないとわかりません」

針生検をしてもやはりわからないものなんですねえ

今回は最初の若い女医さんではなく中年の男性の先生
ここらへんまでは穏やかな感じのよい先生って印象でした
良性だと聞いてもどういうものなのかなど聞いてみたくて
いろいろ質問をしました

私 「甲状腺の血液検査の結果はどうでしたか?
  T病院でやってもらっているんですが」


Dr. 「(結果は)T病院にあるんじゃないですか?」

私 「えっ?こちらにあるはずですけど」

Dr. 「MRIのCDはありますけどないですよ?」

私 「紹介状で来ているハズですが」

Dr. 「ないです・・・ああ、これですね」

私 「甲状腺に異常はないのでしょうか?」

Dr. 「大丈夫ですね」

・・・このあたりで不信感をもってしまいました
S病院は総合病院で曜日によって担当医が代わり
移動のサイクルも速いのですが、それにしても
検査結果の報告をするなら資料くらいちゃんと最初に見てくれても・・・

Dr. 「このまま大きくなると悪性になったり
  大きくなりすぎる場合は取りますので
  今度は2月くらいに超音波で検査をします」


私 「経過観察でいいということですね?」

Dr. 「はい2月のいつくらいで・・・」

私 「その前に、もし大きくなったりして
  腫瘍を取るとなると甲状腺の場所からして
  喉なので声が出なくなるとか、なりませんか?」


Dr. 「そういうこともあるでしょうね」

私 「ええ?コワイじゃないですか!?」

Dr. 「取らないって言ってるじゃないですか」

*********************************
・・・ダメです・・・
私はこういう先生は苦手です

確かに手術の可能性として
悪くするとそういうこともあるかもしれませんが
患者の気持ちやリスクを検討せずにこういう返答をされると
信頼できません

手術の執刀はこの先生ではないかもしれませんけど
最初から声が出なくなるかもね、みたいな言い方をされて
手術をお願いしたいとは思いません

腫瘍も良性だとわかったので早々に診察を切り上げたい感が
ありありで、忙しいのはわかりますが5分ほどの質問でこうでは・・・

次回の3ヶ月後の予約はしましたが予約確認で看護師さんに尋ねられたとき

私 「エコーだけなら地域医療(診療)で
近所などの病院でみてもらってもいいですか?」


と確認しました
その際は事前に連絡をするように言われましたが
OKだそうです

確かに私は気になることはすぐにいろいろ質問して
たくさん患者がいて忙しいお医者様には
うっとおしいでしょう

でも自分のことですから
今大丈夫でも、そのまま放っておいてもいいならかまいませんが
経過観察で悪化したら手術する可能性があるなら
悪い場合の想定や確認はしたいのです

手術にはリスクはつきものです
承知していますが、最悪そういうケースもあるけど
万全の努力はしますよ
くらいのこと言ってくれてもいいんじゃないかと思ってしまいます

接客のバイトで大声を出して営業活動もしていることもあり
声が出なくなるとかは困ります

普通にしゃべれなくなるかもとか考えたら
日常生活も激変しますよね

生命に関わるような事態でもない限り
腫瘍が大きくなったら程度でそんなリスクは
たまったもんじゃありません

もちろん手術したとしてもそんなことは
ほぼないのでしょうが・・・

どうも私はこのS病院とはホントに相性が悪いようで・・・^^;w

甲状腺の診察科のある近辺の病院を探してみようと思っています
とりあえず腫瘍も良性でこのまますごく大きくなるとか悪性にならなければ
3カ月、半年などの間隔で検査をして
そのまま良好なら年に1回とかの検査くらいになるでしょうから

予約した次回の検査でも3ヶ月後なので
その間に気長に病院をさがしたいと思います

やれやれ・・・
私が短気なのでしょうかねえ^^;w
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None