子宮内膜増殖症とは?の追加です

たくさんあるので追加しちゃいました^^;w
併せて読んでいただけるとありがたいです☆
*********************************
そもそも 

どんな人がなりやすい病気(症状)
なのでしょう?

実は、女性なら誰でもなる可能性はあるのですが
一般的に

月経不順の人
妊娠、出産の経験のない人
無排卵状態の長い人
肥満の人
エストロゲンのみのホルモン治療をしている人
(病気や治療によるので例をあげられません^^;)
閉経後の女性
(子宮体癌のリスク要因とほとんど同じです)

などがあげられるようです
*********************************

エストロゲンの過剰反応が原因
と言われていますので
生理の回数が多いほど、リスクは高くなります

つまり
月経不順の人
妊娠、出産の経験のない人
無排卵状態の長い人
は当てはまりますね^^;

「私は出血も少ないし、塊も出ないから大丈夫」
とは言えないそうです

案外上のような場合は、無排卵の場合が多いらしいのです
無排卵かどうかは、基礎体温をつけて調べるとわかりますよ♪
*********************************

また極端な肥満の方は、脂肪の細胞がエストロゲンに変化しやすいらしく
これもリスクが高いそうです

BMIは、「体格指数」のことで、体重と身長のバランスから、肥満度を調べる目安みたいなものです
学校とかで 標準体重を調べるのに聞いたことありますよね☆

BMI = 体重(kg) ÷ (身長(m) × 身長(m)) で計算されます
数値が22なら標準体重
18.5~25は標準範囲内
18.5以下は痩せすぎの範囲
25以上が肥満の範囲だそうです

*********************************

逆に出産回数が多い人は、なりにくいとも言われていますが
出産後、5年以上たっていれば誰にでもなりうる
可能性はあるようです

特に、閉経後に出血がある場合はホルモンが異常な状態なので
迷わず婦人科で検査をオススメします

話によるとですが、80歳を過ぎた女性がこの子宮内膜増殖症から
子宮体癌になった、という例もあるようですから
生理がなくなったから安心とは言えないようです^^;
 



関連記事
 カテゴリ
 タグ
None